豊岡観光協会「とよおかステッチ」
  • 豊岡観光協会について
  • お問合せ
  • サイトマップ
豊岡観光名物:コウノトリ 豊岡観光名物:津居山かに 豊岡観光名物:鞄のまち豊岡
豊岡ってどんなところ?
今後の予定 (event)
イベント情報 予定なし イベントカレンダーを見る
トップ左バナー
豊岡に咲く美しい花々の見ごろ時期をご案内します。

たじま旅ネット

但馬情報特急

山陰海岸ジオパーク

玄武洞ガイドクラブ
最新ニュース
最新情報
2017-11-05

豊岡観光協会の「フェイスブック」ものぞいてみてください。「豊岡の話題」や、「季節の情報」、その他「イベント情報」や「最新情報」などを、随時更新してお知らせしています。

 

11月6日、いよいよ冬の味覚の王者「マツバガニ」の漁が解禁になります。写真は以前のものです。

おいしい「津居山かに」の「かにすき」で、ご家族、お仲間で至福のひとときをお過ごしください。

年末年始は混み合ってきます。ご予約はお早めにお願いします。

宿泊のご予約は、 「豊岡港観光協会」  0796−28−3244 

お宿の一覧

  ホームページアドレスは、 http://www.eonet.ne.jp/~minato-k/ 宿泊のページへ

 

5日には、津居山港で出漁の安全を願う式典があり、その後午後10時ごろには、灯りをつけたカニ漁船が揃って漁場に向かいます。

出港を見送るポイントは、気比の浜の防波堤付近、または日和山(城崎マリンワールド)のタクシー乗り場付近で、みんなで豊漁と安全を祈りながらお見送りはいかがですか。

まばゆいばかりの灯りをつけて出港します。

日和山沖で、整列してから漁場に向かいます。

 日和山からは、多くの人が見送りします。

あれがお父さんの船かな・・。子どもたちと一緒に安全を願いながら見送るご家族もありました。

 

豊岡市の津居山港から水揚げされる「津居山かに」は、中・小型船の機動力を生かし、獲れたその日に店頭に並ぶので、新鮮で活きがいいと評判です。

6日の午後から、いっせいに但馬の各漁港で初せりが行われます。

 

豊岡市「津居山港」の初せり風景です。

「津居山かに」は鮮度抜群。セリが始まる前に慎重に選別します。

初せり開始。

活きのいい「津居山かに」が、すぐに店頭に並びます。

「「生きたカニ」はおなかを上に向けています。甲羅を上にすると弱って死んでしまいます。

茹で上げるとおなじみの「赤いカニ」になります。

「マツバガニ」の漁獲水揚げは、兵庫県が日本一って知っていました?

「マツバガニ」も「越前ガニ」も同じ「ズワイガニ」ですが、水揚げされる漁港の違いによっていろいろな呼び名がついています。もちろん漁場は同じ日本海の海域です。

H20年の全国漁獲量は、約5,300トン、そのうち兵庫県が三分の一にあたる約1,750トンです。ちなみに、21年は約4,700トンで、兵庫県は約1,420トンでした。

「津居山かに」について詳しいことは、特集のページをご覧ください。

 近くには、景色の素晴らしい「日和山海岸」や「城崎マリンワールド」、世界ジオパークに認定された「玄武洞公園」、自然化への取組が進められている「コウノトリの郷公園」など見どころがたっぷり。

「城崎温泉」や「城下町・出石」、「神鍋高原スキー場」など、一日では回りきれないスポットがいっぱいです。

付近の交通案内はこちら

 

ゆっくり腰を落ち着けて回るなら、近くの「港民宿」でのお泊りがおすすめです。

ご家族連れや、会社その他のグループに手ごろな民宿がたくさんあります。

「ぼりゅうむ」たっぷりの、「かに三昧」、「かにのフルコース」を堪能してください。

年末年始は混み合ってきます。ご予約はお早めにお願いします。

宿泊のご予約は、 「豊岡港観光協会」  0796−28−3244 

お宿の一覧

  ホームページアドレスは、 http://www.eonet.ne.jp/~minato-k/ 宿泊のページへ

 

 

 

その他の記事を見る
特集
小話
豊岡のこばなし
スポットナビ
  • 「観る」観光スポット
  • 「遊ぶ」観光スポット
  • 「泊まる」観光スポット
  • 「食べる」観光スポット
  • 「おみやげ」観光スポット
地図から探す 観光を支える協会員 豊岡観光協会facebookページ Discover豊岡
トップページリンク
豊岡へのアクセス方法